『PERTICA』
ビールと燻製と「ごはん」

re_IMG__0972

夜の環七。ひっきりなしに車の通る車道とは対照的に、ひっそりとした空気の漂う歩道。ちょっと心細くなります。
あれ、なんだかあたたかい明かりが見えてきましたよ。
今回は”お客さんにとって第二の家”、『燻製バル PERTICA』をご紹介します。


re_DSC7579

 ■入店

 

「ラーメン食べたい!」
「ありません!!」

 

最初に聞こえてきた会話はこんな感じでした。

 

ガラス張りの、お洒落なお店。
カウンターの6席と、テーブルの8席。
週末ということもあり、賑わっています。

 

 

■とりあえずカンパイ

 

明かりに誘われるようにして入ったお店。
燻製バル……何を頼めばいいんだろう。

 

うん、とりあえずビール飲んでから考えよう!

re_DSC7613

【アサヒスーパードライ】¥500(+税)

透き通る金色。
次から次へとのぼっていく炭酸。
グラスの高さにピターーーッと揃った泡。
美しい……

 

さて、いただいてみましょう。

 

 

………。

 

………………。

 

………………………………。

 

 

えっ、美味しすぎる!!!!!

 

わたし、もともとビールはスーパードライ派です。
辛口な味が好きなんです。
しかしこの、今飲んだ黄金の飲み物。
雑味が全然ないんです。
そして小さな泡がプツプツと弾けていくさまが想像されるような、丁寧な味

 

ちょっとこれ、スーパーなドライすぎませんか?!!?!?

 

 

 

「その秘密、教えるぜ」

奥がオーナーの片桐晃(かたぎり・あきら)さん、手前でキメているのが石井辰也(いしい・たつや)さん

奥がオーナーの片桐晃(かたぎり・あきら)さん、手前でキメているのが石井辰也(いしい・たつや)さん

 

お店の方にお話を聞かせていただきました。
なんでも、オーナーの片桐さんは、以前、アサヒビールで営業として働いていたんだそうです!
そんな片桐さんによると、ビールの味を左右するのはサーバーの管理方法とのこと。
な、なるほどー!たしかに工場からお店に届くビールは同じ樽ですし、違いが出るとしたらそこですよね。

 

PERTICAでは、サーバーを毎日きちんと分解・洗浄しているそうです。
片桐さん曰く、「当たり前のことをきちんとやる」
(飲食店でバイトしてたことがあったけど、分解なんてしたことないよ〜〜〜!)
さっき感じた「丁寧な味」とは、この作業を直感したものだったのでしょうか……!?

 

 

■ついに燻製を

 

ちょっとビールに感動しすぎていました。
そうそう、ここは燻製のお店だったのですよ!
燻製をいただかねば!
メニューを見てみると、「食べるべき!燻製!」というコーナーがありました。
なんだ、何も迷う必要はなかった!!

 

そしてテーブルにやってきたのがこちら。

re_DSC7623

【おつまみスモークチキン】¥500(+税)

すばらしい照り!
自家製の和風だれに漬け込み、下味をつけた若鶏のモモ肉を燻製しているとのこと。
食べてみると……
口いっぱいに広がる香ばしさ!!!
しっっっかり味がついてます。ビールに合う〜〜!!
タルタルソースがまた美味しいんです。
玉ねぎがシャキシャキいってます!

 

お次はこちら!

re_DSC7627

【おつまみベーコンソテー】¥500(+税)

岩塩のみで一週間塩漬け&熟成させた無添加の自家製ベーコンとのこと。
食べてみるとジューシーで、スモークの香りが口いっぱい広がります。
箸が止まらないです。
あ、このお店、料理をお箸でいただけるんですよ!
気取らずに食べられるのがいいですね。

 

 

■お客さんに話を聞いてみたくなった

 

ビールに燻製にと先ほどから美味しさに感動しっぱなし(しかも安い!)。
そして「こんなステキなお店を知っているお客さんって、いったいどんな人たちなんだろう?」と気になってきました。

 

re_DSC7634

喋り方が鶴瓶師匠に似ていた……!

カウンターの端に座っていた、関西出身の男性。
PERTICAに通うようになって、ちょうど1年なのだそうです!
いつもはカウンターの真ん中に座るけど、今日は初めて来たときと同じ席に座っているんですって。
通うくらいだから、近くに住んでいるのかな?と思いきや、住まいは神奈川県。
「最初から友達ができたんですよ」
これが、通うようになった理由。

 

この方が提案した新メニュー、けっこう採用されているみたいです。
手に持っている「燻製チョコ」もその一つ。
食べてみたかったけど、この日は sold out!
次こそは〜!

 

re_DSC7645

顔出しNGとのことで、iPhoneカバーのJOEさんが代替出演

仕事帰りの女性。
聞けば、PERTICAの黒板やメニューを書いている方でした!
オーナー曰く「半スタッフ、広報担当」

 

PERTICAで好きなメニューは【生姜漬けウォッカモスコミュール】¥500(+税)
辛口のジンジャーエールと燻製は相性がいいとのこと!

re_DSC7643

眺めているだけで楽しくなりますね!

 

re_DSC7658

この日の「ごはん」はもう終わっていましたが

赤坂の懐石料理のお店で料理人をしている男性。
PERTICAに来るといつも言うのは「ごはんください」
(えっ、料理人なのに……!?)
「おまかせって言うと、その日の材料を見て夜ごはんを作ってくれるんですよ」

 

PERTICAは深夜2:00まで開いているから、
夜にお店を閉めてから来ても余裕で間に合っちゃうんですね〜。
ちなみに最近のオススメは【燻製醤油で食べるたまごかけごはん】¥500(+税)だそう。

 

re_IMG_0953

今日はどんなお話をしたのでしょう

「週2,3,4日……毎日来るかな」
カウンターの一番奥に座っていた女性。

 

お酒が大好きで、PERTICAに来たらまずお酒!
「お酒と合う”ごはん”がちゃんと全部美味しいのがいい」とのこと。
ワインにはチーズ、ビールにはがっつり系……などなど。

 

お店の片桐さんや石井さんには、仕事の話から何から全てを話せるそうです。
また、排他的な雰囲気がないのも気に入ってるポイントなのだそうですよ!
「一度来た人はまた来てほしい、いいお店なんで」

 

 

■ごはんを食べたくなった

 

お客さんにお話を聞いていると、たびたび「ごはん」の話題が登場しました。
おつまみ、ではなく「ごはん」。
なんだかお腹も空いてきましたよ。
「ごはん」、頼んでみましょうか!

 

re_IMG_0960

【スモークチキンとオニオンのトマトクリーム】¥900(+税)

ごはんだ〜〜〜〜!一人前ある!!
麺が美味しい。やわらかすぎず硬すぎず……これが噂のアルデンテ……!?
まろやかな味わいの中に、コショウがピリッとアクセントになっています。
クリームなのに、飽きずにペロッといけちゃいました!

 

確かに、夜遅く帰ってきてもごはんを食べられる場所があれば嬉しいですよね!
通いたくなる気持ちがよくわかります。

 

 

■「また明日」

 

夜も深くなってきました。お店を後にするお客さんもちらほら。
「また明日〜!」と言って帰っていくお客さん。

re_IMG_0968

ビールの泡ピターーーッ、の瞬間

 

「もっと、ふらっと来られるような店にしたい」
と、片桐さん。
「でも、いくら雰囲気がいいからと言っても、やはり重要なのは美味しいお酒とごはん」

 

PERTICAの進化は止まる気配がなさそうです!

 

re_DSC7594

 


 

■PERTICAの「昼顔」

そんな燻製バルPERTICAですが、実は全く違った顔を持っているのです。
お昼にお店を訪れると、そこで食べられるのは……定食

おばんざい定食_re_DSC6235

【おばんざい定食】¥1,000(税込)

 

ボリューム満点なこちらの【おばんざい定食】、メインは「日替わりおかず」か「チキントマト煮」のどちらかを選べます。
わたしは日替わりおかずの「タラの辛味噌鍋仕立て」をチョイス!
さらにお惣菜3品、サラダ、みそ汁、そして大盛り&おかわり自由のごはん!

 

みそ汁はダシが効いていて香りもよく、とても優しい味。
かぼちゃの煮物はスッと箸の通るやわらかさ!
ブロッコリーの絶妙な茹で加減!

 

……あれ、燻製は?

 

そうなんです。ここ、お昼は燻製じゃないんです。
というかそもそも、別のお店になるんです。
その名も、『Pico食堂』。

 

この看板が目印

PERTICAのオーナー・片桐さんとは、以前同じお店で働いていたそう

 

ガラス張りのお店なので、お昼は外の景色がよく見えます。
PERTICAのときとは全然違う雰囲気を楽しめるのも、魅力の一つだと思います!

 

似すぎです……!

 

 


PERTICA』と『Pico食堂』。夜も昼も目が離せないスポットが代田に生まれてしまったようですね……!
近くに住んでいる方はもちろん、遠くに住んでいる方も、絶対に足を伸ばしてみる価値ありですよ!

 

PERTICA店舗情報

電話番号:03-5355-6807
住所:東京都世田谷区代田4-5-12 ベルメゾン2 1F
アクセス:小田急線「世田谷代田駅」徒歩3分 井の頭線「新代田駅」徒歩5分
営業時間:月~金 ディナー・バー 18:00~26:00 L.O.25:30 ドリンクL.O.25:45
土 ディナー・バー 17:00~26:00 L.O.25:30 ドリンクL.O.25:45
定休日:日曜日

 

Pico食堂店舗情報

電話番号:03-5355-6807
住所:東京都世田谷区代田4-5-12 ベルメゾン2 1F
アクセス:小田急線「世田谷代田駅」徒歩3分 井の頭線「新代田駅」徒歩5分
営業時間:11:30~15:00 L.O.14:30
定休日:火曜日